カジュアルなイメージを持ち合わせるイタリアン。イタリアンはラフなスタイルで楽しめるちょっと贅沢でオシャレな料理である事、味も日本人に好まれるもので、老若男女を問わない幅広い層に好まれています。ですから、現在の日本では全国的にイタリアンレストランが多く存在しています。イタリアンレストランと言えば、フレンチレストランと違いドレスコードや難しいテーブルマナーなどが無い気軽に入れるレストランというイメージが強いものですが、果たしてイタリアンを食べる時に、マナーは無いのでしょうか?

実は、意外と知られていませんがイタリアンを食べる時にもテーブルマナーが存在しているのです。例えば「イタリアンはフォークの背中に料理をのせて食べる」「フォークを右手に持ち替えてはいけない」「料理を食べ終わった後は、ナイフとフォークを縦に並べて置く」「スープを飲む時は手前から奥にスプーンを使い、最後は皿の手前を浮かせてスプーンですくう」などです。

フレンチを食べる時のテーブルマナーとは少し違ったマナーなので混乱してしまいますが、フレンチを食べる機会よりもイタリアンレストランに赴く機会の方が多い現在、知識として知っておいて損はないでしょう。

イタリアンは、日本家庭でも再現しやすい料理としても人気がある料理です。人気である理由の最たるものは、日本人の舌に合う、大多数の日本人が「美味しい」と感想を抱く味つけがなされている事、イタリアンそのもののイメージがオシャレ、カジュアルである事、そして一般的な家庭でも再現しやすいため食べる機会が多くなり、親しみやすさが増している、という理由があげられます。

このような理由からとても多くのイタリアンレストランがチェーン店、個人店を問わず全国に多数存在しているのですが、それでは本場イタリアンレストランとはどのような特徴を持っているのでしょう?イタリアンレストランで食べられるイタリアンの特徴は、味や食材にも多く見られます。

まず、イタリアンは南部、北部に分かれておりそれらの地方色がとても濃くでるという点です。珍しい家庭料理や地方の料理がメニューの主を占め、北部と南部、その他にも、細かくある地域の特色が強く見られるのです。特に野菜を使った料理やパスタに特徴が見られます。ですから、同じイタリアンレストランでもそれぞれ全く違ったメニューの料理が見られます。それがイタリアンレストランの魅力の一つでもあります。

現在、日本では沢山の種類の料理が食べられます。かつては和洋中の3つの種類が主でしたが、現在ではフレンチやイタリアンなどの種類も肩を並べるようになりました。その中でも特にイタリアンは人気です。イタリアンがレストランなどはチェーン店、個人店、両方共にとても多くの場所で経営されています。イタリアンが日本で好まれる理由は沢山ありますが、その中でも特にイタリアンの持つオシャレでカジュアルなイメージが好まれているという点があげられます。

フレンチのようにドレスコードやマナーを気にせずに気軽に入る事ができるレストランとして、とても人気があります。そしてイタリアンレストランが好まれる理由の一つはその味が日本人に好まれる点です。遠いイタリアの料理ですが、とても日本人に親しみ安い味で、その上、一般的な日本家庭でも再現しやすい味であるという点です。レストランでしか楽しめない料理ではなく、イタリアンはイタリアンレストランに近い味が家庭でも楽しめる、という点です。家庭で作るにあたって本格的なイタリアンを食べておきたいと考える人はとても多いのです。

このように、さまざまな理由からイタリアンレストランが人気なのです。そしてもう一つ、イタリアンレストランが好まれる最も大きな理由は、イタリアンレストランでドレスコードやテーブルマナーのあるお店がとても稀であり、マナーを気にしなくても良くとてもラフに楽しめるという部分です。