イタリアンは、日本家庭でも再現しやすい料理としても人気がある料理です。人気である理由の最たるものは、日本人の舌に合う、大多数の日本人が「美味しい」と感想を抱く味つけがなされている事、イタリアンそのもののイメージがオシャレ、カジュアルである事、そして一般的な家庭でも再現しやすいため食べる機会が多くなり、親しみやすさが増している、という理由があげられます。

このような理由からとても多くのイタリアンレストランがチェーン店、個人店を問わず全国に多数存在しているのですが、それでは本場イタリアンレストランとはどのような特徴を持っているのでしょう?イタリアンレストランで食べられるイタリアンの特徴は、味や食材にも多く見られます。

まず、イタリアンは南部、北部に分かれておりそれらの地方色がとても濃くでるという点です。珍しい家庭料理や地方の料理がメニューの主を占め、北部と南部、その他にも、細かくある地域の特色が強く見られるのです。特に野菜を使った料理やパスタに特徴が見られます。ですから、同じイタリアンレストランでもそれぞれ全く違ったメニューの料理が見られます。それがイタリアンレストランの魅力の一つでもあります。