レストランのマナー

カジュアルなイメージを持ち合わせるイタリアン。イタリアンはラフなスタイルで楽しめるちょっと贅沢でオシャレな料理である事、味も日本人に好まれるもので、老若男女を問わない幅広い層に好まれています。ですから、現在の日本では全国的にイタリアンレストランが多く存在しています。イタリアンレストランと言えば、フレンチレストランと違いドレスコードや難しいテーブルマナーなどが無い気軽に入れるレストランというイメージが強いものですが、果たしてイタリアンを食べる時に、マナーは無いのでしょうか?

実は、意外と知られていませんがイタリアンを食べる時にもテーブルマナーが存在しているのです。例えば「イタリアンはフォークの背中に料理をのせて食べる」「フォークを右手に持ち替えてはいけない」「料理を食べ終わった後は、ナイフとフォークを縦に並べて置く」「スープを飲む時は手前から奥にスプーンを使い、最後は皿の手前を浮かせてスプーンですくう」などです。

フレンチを食べる時のテーブルマナーとは少し違ったマナーなので混乱してしまいますが、フレンチを食べる機会よりもイタリアンレストランに赴く機会の方が多い現在、知識として知っておいて損はないでしょう。